正しい知識で、施設を選ぶようにしましょう

利用を考えている方に

介護

サービスの内容

老人介護施設を利用しようと考えている方は、どのようなサービスが受けられるのか覚えておくようにしましょう。このページでは、介護施設で受けられる主なサービスについて紹介しています。施設を利用する前にチェックしておくと良いでしょう。

READ MORE

条件にこだわる

立地について

一般的に介護施設を利用する場合は、立地についてこだわる方も多いでしょう。例えば地元の住み慣れた地域で探したり、自然と触れ合える地域で施設を探す方もいます。グループホームの場合だと、施設の近くに医療機関があれば万が一のトラブルが起こっても安心です。また、コンビニなどが近くにある施設も良く利用されています。家族と離れた地域で介護施設を利用するなら、アクセスしやすい施設が適しているでしょう。また、施設の近くに駅やバス停があれば、家族の方も施設を訪れやすいですよ。

料金を比較

福岡市で充実したサービスが受けられる介護施設を利用する場合、有料施設を利用することが多くなるでしょう。基本的に介護施設を利用する場合は、色々な費用が発生するのです。まず、入居金の支払いが発生するでしょう。入居金も、施設によって金額が変わってきます。また、月額利用料も発生するのです。基本的にこの2つの料金を無理なく支払えるかどうかがポイントとなってきます。また、別途で費用が発生することもあるので、入居前に調べておくようにしましょう。料金の比較はとても大切になってくるのです。

施設の設備

設備については、施設ごとに変わってくるでしょう。居室の広さに関しても、十分なスペースが必要です。できるだけ、入居前に施設を見学しておくことが大切になってくるのです。高齢者の場合、トイレや浴室でのトラブルが多いと言われています。転倒してしまったりするのです。その為、トイレや浴室の安全性もしっかりと確認しておきましょう。その他、生活面でのチェックも必要です。収納場所や食堂、リビングなどがあれば便利でしょう。また、緊急通報システムがある施設は安心です。

スタッフをチェック

介護施設選びではスタッフの比較も重要です。スタッフが優秀かどうかで、その施設の雰囲気も変わってくるでしょう。まずはスタッフの対応についてチェックしておきます。きちんとした態度で対応してくれるスタッフがいる介護施設の利用が望ましいのです。また、利用者の質問に対して、しっかりと答えてくれるかどうかも重要なポイントです。質問に対して曖昧な回答をしてくる場合は、利用を避けた方が良いでしょう。細かい所まで答えてくれるスタッフは優秀と言えるのです。

介護や医療

介護サービスのレベルも比較しておくと、安心して利用できる介護施設が探せます。まずは、介護スタッフや看護スタッフが常駐しているかどうかをチェックしましょう。できるだけ、365日24時間常駐している施設を選ぶようにします。また、介護福祉士やヘルパーの資格を持っているかどうかも合わせて調べておくようにしましょう。さらに、緊急時には医療行為が行える施設を利用するがおすすめです。入居者に医療行為が必要な場合は、どのような医療行為が行えるかも確認しておくようにしましょう。

民間型の施設

杖と積み木

介護付き有料施設

福岡市でもよく利用されているのが、介護付きの有料施設です。老人を介護できる専用のスタッフがいるので、安心して利用することができるのです。このような施設を運営するには、特定施設入居者生活介護の認可を受ける必要があります。また、一定の基準を満たしていなければなりません。介護専用型の施設では、要介護の認定を受けた方が利用することができるでしょう。基本的に要介護レベル1から5が必要です。また、混合型施設の場合は自立支援と要介護の方が一緒に利用することができます。入居者に合わせたサービスやアクティビティ、リハビリなどを提供してくれるでしょう。メインとなるのは、食事や介護のサービスです。このような施設を利用するには、入居金を支払う必要があります。利用権方式を採用している施設が多いのです。入居金の他に、月額利用料も発生します。

有料の住宅型施設

住宅型の有料介護施設は自立支援者や要支援者、また要介護者が利用できる施設です。生活支援を行なうサービスや健康管理サービス、レクリエーションやアクティビティが楽しめるでしょう。生活支援サービスとしては掃除や選択、食事などがメインとなります。一般的に要介護者の場合、在宅サービス事業所と要介護者個人が契約を結ぶのです。通所介護や訪問介護などのサービスを受けることができるようになるでしょう。住宅型施設の場合は、基本的に自立支援を目的とした施設が多いと言われています。自治体によって特定施設入居者生活介護の認可数が決められているでしょう。この場合、介護付き有料施設が住宅型施設として運営していることもあるのです。その為、同じ建物内に在宅サービス事業所が存在していることも多く、介護付き有料施設と殆ど変わらない機能を持っていることもあります。

グループホーム型

認知症高齢者が利用できる民間型介護施設です。基本的に要支援レベル2以上と、住民票が必要となります。利用者を1ユニットごとに分けて、専門的なスタッフが介護することが多いでしょう。1ユニットは5人から最大9人程で形成されます。また、特徴としては共同生活を送ることが挙げられるでしょう。掃除や選択、料理などの家事を分担しながら共同生活を送るのです。機能訓練なども受けることになるでしょう。このような取り組みによって認知症の進行を抑制できるのです。ただ、医療ケアや重介護などが必要な利用者は退去しなければいけない場合もあります。共同生活を送ることになるので、医療ケアや重介護が必要な高齢者の利用は難しいのです。自分の力で歩いたりできない高齢者の方は介護付きの施設か、住宅型施設のどちらかを利用するのが無難です。